診察

無痛で治療ができる、ミラドライとは

多汗が気になる女性

多汗症治療は方法として、現在多くの注目が集まっている治療法が存在します。
それが、ミラドライによる治療法です。
ミラドライによる治療法では、従来の切開による剪除法などのように、体に傷を付けることはありません。
メスを一切使用せずに治療が行えるため、痛みもなく、傷跡も残らない次世代の治療法であるとして、多汗症の患者さんの多くがこの方法を選択しているのです。

ミラドライとは、電磁波を利用することで汗腺を破壊し、治療をおこなう方法です。
電磁波といえば、多くの電化製品などから照射される、人に害を及ぼすものというイメージを持つ人も多くいるでしょう。
しかしミラドライに使用されているマイクロ波は、人体に負担や影響を与えることはなく、安全に多汗症の治療が行えるのです。
ミラドライでは、多汗症の人が多く汗を書く部位にマイクロ波を照射することで、汗腺を破壊し汗の量を減らします。
マイクロ波は、電子レンジにも使用される電磁波であり、照射することで水分子を振動させ、熱を発生させることができます。
電子レンジでは水分を含む食べ物を加熱する場合に利用しますが、ミラドライでは汗腺の機能を破壊するために利用されます。
電子レンジと同じ電磁波を利用するとして、皮膚に火傷などを受けてしまうのでは、と心配になる人もいるでしょう。
しかし、ミラドライによるマイクロ波の出力は、電子レンジよりも抑えられているため、人の体に重篤な影響を及ぼすことはありません。
さらに、ミラドライの機器はマイクロ波を放出しながらも、表皮部分は機器により冷やすため、マイクロ波照射によって火傷を負うことはないのです。
水分に大きく作用するマイクロ波を利用することで、汗腺へピンポイントで働きかけ、余分な汗腺を破壊することで発汗量を抑えることができるのです。

こうしたミラドライによる治療法は、ボトックス注射のように傷跡が目立たないのが特徴です。
最大の魅力は、ほとんど痛みを感じることがない点でしょう。
剪除法やボトックス注射は、初めの麻酔針による注射の痛みがあるため、患者にある程度の負担を強いてしまいます。
ですが、ミラドライによる治療法であれば、痛みを感じることなく治療が行えるため、誰でも抵抗なく多汗症の治療に臨むことができるのです。
手術時間も30分程度で済み、日帰りで帰ることが出来るのも、手軽な治療法として利用できる点の一つです。
耳慣れない治療法であるため、不安を覚える人も多くいるでしょう。
しかし、このミラドライは国内の多くの医療機関からも、画期的な方法であるとして安全性は証明されているため、安心して治療を受けることができるでしょう。